●コース監修 : 滝沢克己(読売カントリークラブコース副委員長)
        ●総面積 : 79.2万㎡
        ●距離 : 全長6,915Y
        ●コース : 18ホール・パー72

レギュラーティからクリークまで241ヤードの打ち下ろし。
ゲームマネージメントを試されるミドルホールである。セカンドショットは2段グリーンの上段と下段に打ち分けるショットが出来れば最高。上段に打つ場合は左から右の傾斜に要注意。

高低差8mの打ち降ろしショートホール。グリーンのアンジュレーションに気をつけて確実にパーセーブを。

バックティからはあと1ヤードでロングホールになる超ミドルホール。ティショットは飛距離を合わせて狙い目をフェアウェイセンターに、グリーンにオンしてもカップの位置によっては松の木がスタイミーなる場合もある。

ティショットは左クロスバンカーの右横がベスト。ショートカットは禁物。
セカンドショットは決してグリーンをオーバーしないように。グリーン右は受けているが左は奥に向って早いので要注意。

無理なパーオン狙いは大怪我のもと。
ボールコントロールを最優先した攻め方が大切。グリーンの奥行き約50ヤードあり。
アプローチショットはグリーンのアンジュレーションに注意しボールの落し場所を決めたい。

なだらかな上りのロングホール。大振りせずフェアウェイをキープしたい。
ロングヒッターはフェアウェイ左サイドを狙い、フォローなら2オンも可能。
ここからのあがりホールは、右にOBあり。特に左サイドからのアゲンスト風にには要注意。
ティショットは危険もあるが右サイドがベスト。
セカンドショットは、ピンポジションを確認してから打ち、バーディチャンスを作りたい。
奥行き24ヤードの受けグリーン。
手前の谷から感じるプレッシャーよりも上空の風に気をつけクラブ選択を。

やや左にドッグレッグしたミドルホール。ティショットは左山裾狙いが安全。
セカンドショットはグリーンセンターに向かって、パーを確実にしたい。

ティショットは飛距離を必要とするミドルホールだが、スライスは禁物。ティショット次第では、寄せワンの決断も必要になる。

距離のたっぷりあるショートホール。
無理な攻めは、トラブルのもと。寄せワンでのパーセーブもある。

ティショットはピンポジションを確認してから左右の狙い目を決めたい。
花道が狭くグリーンは奥に向って早い。
アプローチショットのテクニック次第でバーディチャンスあり。

ティショットは正確にフェアウェイセンターへ。セカンド地点からフェアウェイは狭くなり、距離、地形、風向き、技術を計算した頭脳的な攻め方が要求される。
ホールアウトまで気を抜かずしっかりと打ちたい。

ベストポジションまで200ヤード。距離は短いがティショットで気を使うホール。
ロングヒッターは正面のOBにも注意を。
セカンドショットはカップ手前に距離を合わせてバーディを狙いたい。

200ヤード地点からゆるやかな登りのミドルホール。正確に攻めればバーディも取れる。
攻めるか刻むかティショットは信頼できるグリーンのカップ下目にボールを止めたい。

ハンディキャップNo.1のロングホール。ティショットからグリーンまで冷静な判断力と絶妙なボールコントロールが要求される。無理な攻め方を考えず安全第一が好スコアに鍵になる。

フェアウェイは広いフラットなロングホール。力まずにきっちり打てばパーオンは難しくない。グリーンは大きなアンジュレーションあり。パッティングに注意。

比較的楽に攻められるショートホールだが、右斜面に行くとノーチャンスになる。グリーン上空の風がボールに与える影響は大きい。ピンポジションを考えてクラブの選択を慎重に。

 
 
 
コース紹介
OUT 1 2 3 4 5 6 7 8 9 推奨ホール
Par. 5 4 (N)3 4 4 (D)5 4 3 4 36 D:ドラコン
Back 538 450 164 325 355 610 417 176 445 3480 N:ニアピン
Reg. 513 430 146 307 340 595 374 152 423 3280  
Hdcp. 17 5 11 13 7 1 9 15 3    
I N 10 11 12 13 14 15 16 17 18 推奨ホール
Par. 4 (D)5 4 3 4 5 4 (N)3 4 36  
Back 417 480 400 242 321 565 360 180 470 3435  
Reg. 404 454 370 227 307 535 345 164 408 3214  
Hdcp. 6 18 12 2 14 8 16 10 4